微妙なASP

新規は難しいが継続率は良い。

JSKYアフィリエイト

本音で語るJSKYアフィリエイト体験

 JSKYアフィリエイトで稼げるかどうかはかなり微妙です。東京熱でガンガン稼いだ実績を踏まえ、本音を語ってみようと思います。

東京熱とアフィリエイターの蜜月時代

 JSKYの主力サイトは東京熱(TOKYO HOT)と言って凌辱系ジャンルを開拓した人気サイトです。JSKYが発足していない昔の話になりますが、東京熱は著作権管理にはしっかりした認識を持っており開設当初からWindows Media PlayerによるDRM(デジタル著作権管理)を動画に施しておりました。退会すると見られなくなる動画であるにも関わらず、成約率がとても高く継続率も良いのでアフィリエイターにとっても大人気のサイトでした。東京熱が当時提携していたのがCCBILLという透明性の高いASP。僕も東京熱とは「win-win」で進んでいける関係だと思っておりました。

新規が取れなくなった

 その風向きが変わったのが東京熱がCCBILLを離れてからですね。東京熱自体が自前のASP(JSKYアフィリエイト)を別法人で立ち上げてからでした。驚くほど成約率が低く僕も匙を投げました。後からシステムに障害があったためだと説明があり、また少しだけよくなりましたが雀の涙程度しか売り上げが上がりません。
 JSKYではたまに値下げキャンペーンを行うことがあります。期間中の入会に限り初回月額料金が安くなる企画です。積極的にイベントを組んでくれるので気持ち的には嬉しいのですが、それで新規が上がるわけではないので虚しさだけが残りますね。なのでJSKYの新規を開拓することを僕は半ばあきらめているところです。そこに精力を注ぐよりやらないといけないことが山ほどありますから。

自前のシステムとは

 自前で別法人のASPを立ち上げるということについて説明いたします。ASPのシステムを構築するにはコストが掛かります。それが調達できない場合は他人のASPに加盟せざるを得ないのです。
 逆に言えば自前ASPであればやりたいようにできるということです。それが良い悪いは別問題です。DTIのように透明度の高いシステムでユーザーフレンドリーを前面に打ち出した運営をすることもできますし…。JSKYの場合はログとかデータを突き合わせ解析してみると「僕とは相性が合わないのでは」と考えざるを得ません。全然儲けさせてもらえませんから。
(※補足:DTIはカリビアンコム等々ドリームルーム系列サイトが作ったASPです。)

JSKYの長所

 JSKYの長所も書いておきます。それは継続率が高いことです。このことはDTIよりも高いかもしれません。CCBILL時代に新規で入会してくれた大量のユーザーの五分の一近くが未だに継続していますから。WindowsによるDRMサポートが終了して、東京熱がDRMフリーに踏み切ってからもですよ。ただし、DTIの場合は再入会制度がありますので一概には比較できない部分もあります。
 JSKYは根本的にケチです。ユーザーに対しては、昔DRMやっていたのもそうですし現在も厳しいダウンロード制限を敷いて長くいないとコンプリート出来ない仕組みにしています。だからこそ継続率が良いわけで、そこは凄いなあと感じます。現時点で自前システムの運用コスト以外に、CCBILLの利用コストも払っているものと思われます。後述する新たな投資のコストもあることでしょう。そう考えていくと評判の悪い還元率30%も妥当な数字にも思えます。

JSKYの潜在的可能性

 最近のJSKYは東京熱作品にこだわらなくなってきました。広く凌辱系や素人系のコンテンツホルダーが出品できるような単品購入サイトを運営したり、東京熱で他レーベルの作品を配信したり…。ライブチャットサイトにもチャレンジしています。ただしこれらの投資はまだ発展途上にあり成功はしていないように思えます。新規が取れませんから。
 つまり現在のJSKYは「新規はなかなか取れないが、継続率はとても高い」といった感じです。この記事を書いたのはJSKYが持つ可能性に惹かれたからです。極めて現実的な性格のASPでありやっていること自体は間違っていない気がします。将来的にチャレンジが実って新規も取れやすいASPになると思われます。
 現時点でのJSKYとの相性が良い人であれば、僕とは違った結果が出せるのかもしれません。「我こそは」と思われる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

ASPの詳細を見る

JSKYアフィリエイト

page top